にょりの備忘録

筋トレ、ダイエット、ゲームなど、趣味についてのアレヤコレを徒然に書きとめています。

iHerb 紹介コード AEA3968 (いつでも5%割引) よければ使ってください!

Instagram



【ゲーム】Skyrimは大人のおもちゃ箱。


【スポンサーリンク】

こんにちは、にょりです!

 

もともとは筋トレやダイエットのことをメインで書くつもりで立ち上げたこのブログ、途中で路線変換ということで、日々の徒然的なことを書くようになったのですが、その中でもとくにゲームについての話は第二のメインという感じで何度も取り上げさせていただきました。

 

実を言うと、筋トレに目覚めるまではわりとガチゲーマーだった僕です。

ここしばらくは仕事に筋トレにと忙しくてあまりまとまった時間も取れていなかったのですが、さすがにここ最近は日々のルーティンをこなした後でも時間が余るようになってきました。

 

というわけで、ちょこちょこと新しいインディーズのゲームを買ってみたり、買っただけでやっていなかったゲームに手を出してみたりとしていたのですが、何故かここにきてタイトルでも紹介している往年の名作、Skyrimにハマりはじめてしまったんですね。

 

このゲーム、DLCを含まない初期版が発売されたのが2011年らしいので、およそ10年前のゲームということになりますか。いやー、もうそんなに経っていたんだなぁ。

 

今回は、そんな往年にして不朽の名作であるSkyrimについてさらっと紹介しつつ、何がそんなに楽しいのかという点についてちょこっとだけ語ってみたいと思います。

 

それでは、いってみましょう。

 

 

そもそもSkyrimとは?

 

 

elderscrolls.bethesda.net

 

Skyrimは海外のソフトメーカーであるベセスダ・ソフトワークスから発売されているオープンワールドタイプのアクションRPGで、The Elder Scrollsというシリーズの第5作目となります。

といっても、過去作と物語的繋がりはほとんどなく、同じ世界における別の時代の別の地方の話といった感じで脈々と続いている感じとなっております。

 

このゲームの特徴は何といってもとんでもないレベルの自由度でしょう。

ある程度、道筋を示してもらえないとゲームの中にすんなり入っていけないという典型的な日本人タイプだと序盤で置いてけぼりを食らうこと必至です。

ゲームの進行でも迷うし、そもそも世界が広すぎるからゲーム内でもリアルに迷う。

 

ただ、逆に自分で色々と考えたり、目の前にあるものに何でも興味を持ってアクションを起こせるタイプの人ならめちゃくちゃハマれる可能性が高いです。

何かをすれば必ず何かのレスポンスが返ってくる…とまで言ったら大げさですが、大小様々なイベントが至る所に詰め込まれ、隅々まで遊び切ろうと思ったら自分の人生をどれだけ注ぎ込まなければいけないか、そんなレベルでとにかくめちゃくちゃボリューム満点なのです。

 

ただ、唯一の問題点は、とにかく見た目がバタくさいということです。

 

 

 

例えばこの動画、いろんな意味で分かりやすいです。

タイトルに「美人ノルド(ノルドは種族名)の作り方」とあるにも関わらず、残念ながらできあがったのはインパクトだけがひたすらに強烈なおばさんです。

でも、プレイした僕だから分かるんですけど、これでも確かに美人なほうです。

このゲーム、とにかくゲーム内に出てくる女性陣のデザインがヤバい。

正直、この見た目の酷さだけでプレイする気力を何割か削がれること請け合いです。

アニメ顔が好きとかってわけじゃないですけど、せめてもうちょっとマシな見た目にさせてほしいというのが人情というもの。

 

ですが、実はこのゲーム、PC版ならその問題を簡単に解決できちゃうんです。

 

MODで自分好みのSkyrimに。

 

皆さんはMODという単語を目にしたことはあるでしょうか?

本来的にはModificationという単語の略称なのですが、ゲーム的には本体データに新たな機能をつけ加えたり、あるいは元々のデータを別のデータに置き換えたりすることができる追加データといった意味で使われることが多いですね。

で、このSkyrim、実は公式でMODの製作や利用を奨励していまして、Skyrim本体だけでももちろんめちゃくちゃ遊べるんだけど、ユーザーのみんなでもっともっとこのSkyrimの世界を拡張して遊びやすくしたり遊びの幅や深さを広げていってくれて良いんだよ、といったスタイルで展開されているんですね。

 

なので、コンソール版ではちょっと難しいのですが、PC版ではゲームの中で自由に冒険を楽しめるだけでなく、ゲームを始める前から自分好みにSkyrimをカスタマイズすることができてしまうんです。(もちろん、それにはある程度の知識が必要ですが…)

 

f:id:matanori:20200419184823j:plain

 

例えば、拾い物の画像でアレですが、序盤に仲間になるNPCのリディアさん。

見てのとおりめっちゃ勇ましい感じなんですけど…。

 

f:id:matanori:20200419185045j:plain

 

僕の環境ではこんな感じになっています。もう完全に別人ですね。

でも、それくらいガッツリと自分好みにカスタマイズできてしまうのがSkyrimの凄さなんです。

 

おわりに

 

さて、まだまだ語りたいことはたくさんあるのですが、ひとつの記事で長々と語っても何処に需要があるんだよ、といった感じですので、今回は触りの部分だけ紹介させていただきました。

 

休みの間はしばらくプレイしていると思うので、またひょっとしたらプレイ日記的な感じでちょこちょこっとSkyrim関連の記事を投稿するかもしれません。

それこそ何処に需要があるんだよって話なんですが、休みの間に立てた目標である2日に1回更新のためにはあらゆることをネタにしていく必要があるので、ご容赦くださいませ。

 

というわけで、今回は往年にして不朽の名作、Skyrimの紹介でした!

それでは、長くなりましたが今回はこの辺で。