にょりの備忘録

筋トレ、ダイエット、ゲームなど、趣味についてのアレヤコレを徒然に書きとめています。

iHerb 紹介コード AEA3968 (いつでも5%割引) よければ使ってください!

Instagram



【聖剣伝説3】一周プレイしたので感想など。


【スポンサーリンク】

f:id:matanori:20200510165401j:plain

 

こんにちは、にょりです。

 

仕事が休業の間は2日に1回は更新すると宣言しておきながら

気づけばちょっと間が空いてしまったわけですが、

実を言うとここ数日ほどちょっとだけ仕事をしていたので、

モチベーションが枯れて更新をサボっていたというわけではないのですよと

さっそく言い訳からスタートさせていただく今日この頃です。

 

で、仕事はしていながらも聖剣伝説3のほうは着々とプレイを進めておりまして、

気づけばサクッと1周目を最後まで遊び切ってしまいました。

プレイ時間は40時間弱といったところ。だいたい35時間くらいかな?

いちおう本編クリア後の追加要素も大方クリアしての時間となりますが、

クリア後要素に関してはコンプリートしているわけではありません。

 

すっかり忘れていたのですが、どうやらブラックラビという

本作上最強の敵がまだ残っていたらしいのですが、

うっかりその存在を忘れて2周目をはじめてしまったんですよね。

 

まあでも、現時点でこのゲームの感想を述べるには

十分にプレイすることができたと思いますので、

今回は本ゲームを丸っとプレイした上で

個人的なレビューを書かせていただきたいと思います。

 

それでは、さっそくいってみましょう。

 

 

良かった点

 

爽快で遊びやすい戦闘

f:id:matanori:20200505174537j:plain

 

弱攻撃と強攻撃の組み合わせによる簡単なコンボ、

ショートカットで手軽に出せる特技や必殺技、

難易度設定次第でそこそこ歯ごたえを感じられながらも

決して難しすぎない程よい難易度といい、

特に戦闘面に関しては非常に遊びやすく設計されていたなぁと感じました。

 

めちゃくちゃハードな戦闘を求めている方は

いくらかご自身で縛りを入れないと物足りないと感じられると思いますが、

多くの方には簡単すぎず難しすぎずと感じられるバランスだと思います。

 

操作系もシンプルながら、過不足ない感じに構成されています。

PC版に関してはキーコンフィグも充実しているので、

僕なんかはかなり自分好みの操作系にカスタマイズしてプレイしていました。

 

見た目の演出や全体的なテンポも良好で、

特にコンボや必殺技が増えてくる中盤以降、遊んでいて楽しい戦闘でした。

 

今風の可愛らしいデザイン

 

f:id:matanori:20200510171340j:plain

 

キャラクターデザインの良し悪しに関しては

個人の趣向もかなり影響してくるので

プレイしたすべての人がどう感じるかまでは判断できないのですが、

世間の反応を見ても今回のキャラデザインは良かったのではないかなと思います。

 

例えば上の画像はホークアイ編で主要キャラとなるジェシカさん。

一見するとめっちゃ可愛くリファインされているように見えますし、

実際めっちゃナイスバディな感じにはされてるんですけど、

デザイン自体は原作のドット絵にかなり忠実に再現されているんです。

 

もちろん、プレイヤーキャラについても同様で、

全体的に今風というかアニメ調にリファインされてはいるんですが、

基本的にすべて原作のデザインに忠実にリファインされているので、

僕のような原作経験者でも違和感なく受け入れられました。

 

スクウェア・エニックス製のゲームというのは

本作に限らずこれまでにも何作もリメイクされているわけですが、

例えば今でこそ名作と名高いミンサガこと

「ロマンシング・サガ ミンストレルソング」というタイトルでは

リメイクにあたってキャラクターデザインを一新するという

とんでもない暴挙が行われたこともあります。

 

ミンサガはゲーム自体の出来が非常に良かったこともあって

今ではリファインされたキャラクターも概ね受け入れられていますが、

発売直後はかなり物議を巻き起こしたものです。

(特にあたいはバルハル族でお馴染みの角女シフさん)

 

いまいちな点

 

種システムは残す必要があったのか。

 

今作ではクラスチェンジという形でプレイヤーを成長させて行くのですが、

その3段階目のクラス3になるためには

???の種というゲーム内アイテムを入手した上で

そこからさらにランダムで手に入る

クラスチェンジ用のアイテムを入手する必要があります。

 

この種は進行上で必ず訪れることになるダンジョンを探索すれば、

少なくとも各キャラ2パターン分すべてのアイテムが

いずれは手に入るようになっているのですが、

そもそもこのシステム自体を残す必要があったのかという疑問があります。

 

2周目以降はアイテム引き継ぎの関係でさほど問題にはなりませんし、

クラスチェンジしなければ進行が難しいというわけでもないのですが、

この種システムは実は各キャラの最強装備の入手にも関係しているため、

最終的には必ず関わっていくシステムとなっています。

 

いちおう、救済措置として追加されたサボテンくんの補助効果や

種を植えるための鉢にレベルという概念が加えられたこと、

さらに敵との連続戦闘を円滑にするためのアビリティなどもあるので、

原作に比べればまだ種集め自体は楽になっていると思いますが、

そもそもこのシステム自体が必要だったのかどうかという疑問はあります。

 

ただ、なくなったらなくなったで批判もあったかもしれないので、

何とも言えないところですね。

 

ファストトラベルがないのが地味に不便

 

ちょこっと上で書いたサボテンくんという今回の追加要素、

要は世界中にお散歩しているサボテンくんを探し出して、

見つけた数が一定以上になったら特典がもらえるというシステムなのですが、

これを探し回る上で過去に行ったマップに戻るのがわりと面倒でした。

 

いちおう、中盤を超えたあたりでフラミーという

ワールド移動システムが追加されるので

目的地の近くまで向かうこと自体は手軽に行えるようになります。

 

…が、ファストトラベルが当たり前のように搭載されている

昨今のゲームに慣れきってしまった僕からすると、

そもそもフラミーを呼び出して、そこから現地まで飛んで行って、

場合によってはさらに徒歩で目的地まで向かうというのが

まあ何というか面倒で面倒で…。

 

これに関しては、僕のわがまま的なところもありますけどね。

 

賛否が分かれそうな点

 

プレイ時間はわりと短め

 

最初のほうで書いたのですが、

プレイ時間はそれなりにやり込んでも30時間から40時間ほどです。

いちおう遊び尽くすには周回することが前提となっていますので、

1周のボリュームとしては適正と言えば適正なのかもしれませんが、

僕はたいていのゲームは1周で満足してしまい、

2周目に入った途中あたりで飽きてしまうのが常なので

ちょっとプレイ時間としては中途半端な感じがしなくもないです。

 

個人的には周回前提なら1プレイ20時間程度が理想なんですが、

まあこれはあくまで僕自身の好みによるところが大きいですね。

 

ただ、僕のように1周である程度満足してしまう人からすると、

ひょっとしたらちょっとボリューム不足に感じてしまうかもしれません。

 

シナリオは薄味

 

f:id:matanori:20200510180920j:plain

 

SFC時代のゲームだから仕方ないというのもありますし、

そもそも本作は6人のキャラクターから3人を選んでプレイするという仕様上、

本作はシナリオ上におけるキャラクター同士の絡みが薄めです。

 

それでもまあよく頑張っているほうだとは思いますが、

昨今のJRPG的なキャラクター同士の掛け合いや

パーティ全体の連帯感などを期待すると確実に肩透かしを食らいます。

 

さらに、全体のシナリオも決して濃いめの内容ではありません。

キャラクターごとにそれぞれ冒険に出る上での動機づけがあり、

それぞれの命題を乗り越えていくシーンもあるにはあるのですが、

その過程における障害や葛藤といった要素はほとんどなく、

根底にある世界を救うという大目的に向かって進んでいく中において、

個々人の命題も比較的さらっとした感じで解決していく感じです。

 

僕みたいにシナリオはそもそも重視していないタイプの人には

逆にこれくらいサラッとしていた方が受けが良いかもしれないので、

必ずしも悪い点とは言えないのが悩ましいところですね。

 

追加シナリオについて

 

f:id:matanori:20200510182421j:plain

 

今作の目玉のひとつである追加シナリオですが、

ボリューム的には少なすぎず多すぎずといった案配でしょうか。

各キャラそれぞれにクラス4になるための簡単なイベントが起こった後、

追加された強力なボスを倒すために

本作最大級のダンジョンに挑むことになります。

 

ダンジョン自体の難易度はそこまで難しくもないのですが、

上でも書いたとおり今作の中ではかなり長大な部類に入るので、

攻略している感はそこそこありました。

 

ボス戦については、僕がレベルを上げすぎてしまったのかもしれませんが、

本編のラスボスとそこまで大差はないかなといった感じです。

ただ、このボスを倒した後にタイムアタックモードが追加されるのですが、

こちらはそこそこ厳しめかな。2分チャレンジはさすがに苦戦しました。

 

いちおう、今作最強の敵は他に「ブラックラビ」というやつがいるらしいのですが、

そちらはうっかり戦う前に2周目に入ってしまったので、

どれくらいの強さなのかは残念ながらちょっと分からないです…。

 

総評

 

f:id:matanori:20200510183456j:plain

 

というわけで、長々と書かせていただきましたが、

結局のところ面白いか面白くないかと言えば、間違いなく面白かったと思います。

 

僕は原作プレイヤーなので、

原作未経験の方だとまた評価が違ってくるかもしれませんが、

おそらく原作未経験でも全然楽しめるのではないかなと思います。

 

ただ、原作未経験の場合に気をつけなければいけないのは、

壮大な物語や重厚な世界観を期待するのだけはやめましょうというところですね。

 

どちらかというと、今でいうインディーズのゲームを

ちょっと豪華に作ってみましたという感じに近いと思います。

なので、腰を据えてゲームをしたい、ゲームの世界観に浸りたいというよりは、

サクッと手軽に遊びたいという人向けですね。

 

 

というわけで、聖剣伝説3のプレイ後レビューでした。

それでは、長くなりましたが今回はこの辺で。